ギナーン

History

ギナーンの歴史
1865年

GUINAND社はスイス・ジュラ渓谷・レブレネ村でギナーン兄弟によって設立。高級複雑時計の製造販売を開始した。

1873年

主力である高級複雑時計の製造技術を活かし、独自クロノグラフ(腕時計内蔵のストップウォッチ機能)を開発。
クロノグラフ製造に特化したメーカーとして躍進した。
早くからフライバッククロノグラフやラトラパンテといった複雑なクロノグラフの製造に成功し、その優れた品質から
フランスやイタリア政府、さらにはイギリス海軍も採用するほどだった。

1953年

おもにヘルムート・ジン氏が設立した腕時計会社”Sinn”のクロノグラフの組み立てを担当。

1996年

ジン氏が新たに興したユビラー時計会社と合併。
「ヘルムート・ジンが生み出す腕時計」を製造する世界で唯一の腕時計会社となる。

2006年

ジン氏が90歳になったのを機にビジネスパートナーであったハスラー氏に経営を任せ社名もユビラーから
GUINAND (ギナーン)に統一。
ジン氏の要望により(有)南雲時計宝飾店を日本総代理店に認定しGUINAND JAPAN設立。

一世紀半にもおよぶ高級複雑時計の製造技術と空軍パイロットの経験を生かし、「無視できないシンプルさ」を持つドイツらしい
堅牢な腕時計を現在も作り続けている。



Spirit

スピリッツ

「乱世(いま)を生きる男の時計」
現在のGUINANDを作り上げたヘルムート・ジン(Helmut Sinn)氏。彼の生き様と腕時計への想いが我社のスピリットです。
ヘルムート・ズィン(Helmut Sinn)



Greeting

代表の挨拶

「乱世(いま)を生きる男の時計」
このページをご覧頂き、ありがとうございます。

この場をお借りして、一人のファンとしてGUINAND腕時計に対する想いをお伝えしたいと思います。

私がGUINAND腕時計に初めて出会った時、今まで腕時計に持っていた『カッコイイ』と言う概念を 超える生命力のような強さを感じ『ぜひ自分の腕に着けたい!!』と強く思いました。
GUINAND腕時計の外観はピカピカと光りもしなければ、奇抜なデザインでも、華美な見た目でもありません。
研ぎ澄まされた無駄のない、無視できないシンプルさ。一言で言えば『渋い』腕時計。


それは時刻を知る事に特化しているからです。

現在のGUINAND腕時計のオリジナル作者であるヘルムート・ジン氏は、元・ドイツ空軍パイロットとして生き抜く事が史上最も過酷な第二次世界大戦の空を生き抜き、その経験と人生観を基に時計作りを行いました。

96歳になった今もなお、自身の魂を込めた腕時計を作り続けています。
私の使命はこのGUINAND腕時計を 『今を真剣に生きる男』 達に伝える事だと思っています。
つまり、これを読んでいるあなたに、GUINAND腕時計の本質的魅力とジン氏からの強いメッセージを感じていただきたいのです。
GUINANDを身に着け、自分らしく、非凡に熱い人生を生き抜いていただきたいのです。


今までGUINAND JAPANにお付き合いいただいている、大事な大事な皆様へ いつも本当にありがとうございます。この度皆さまへの感謝を込め、このようなHPを新設いたしました。楽しんでいただけましたでしょうか?これからも皆様に楽しんでいただける様、また皆様をより魅力的にできるよう全力で楽しみながら取り組んでいきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

GUINAND JAPAN
代表 南雲 達也